Reviews

合法ではない大麻です

日本では「悪」そのものとして扱われることの多い「大麻」ですが、海外ではかなり前から使用されていました。 この「大麻クラブ」が合法かどうかははっきりと判決が出ていないため、大麻吸引そのものは合法でありながら旅行者として入手が難しい状況です。 大麻取締法について「所持」は違法なのに「使用」はなぜ処罰されないのか 大麻取締法は,大麻草全体を規制対象にはしておりません。大麻取締法第1 何故かと言いますと,大麻草全体に有害な物質が含まれているという訳ではないからです。幻覚作用等の  つまり、使用については明記していないものの、日本人が外国で大麻を所持すること自体 合法化のメリットと共に、マイナスの側面もしっかり理解しておきたいところです。 2019年11月28日 日本では 「大麻(マフィファナ)=悪」 「手を出したら一生薬物中毒になってしまって、抜けだ出せない」 っていう考えがすごい、 正式には、2017年の春からカナダでは合法化になるのですが、もうその辺で普通に売っていますまぁ、この辺りは  2014年6月26日 大麻に関してはたばこより害が少ないとして、大麻の所持等を合法化すべきであるという意見も存在しますし、実際、海外では大麻の所持を合法としている国もあります。ただ、日本ではまだ大麻所持のコンセンサスは得られていないようです。 大麻(たいま、cannabis)は、アサの花冠、葉を乾燥または樹脂化、液体化させたもの。マリファナとも。花から製造された(栽培種の花序からとった)ものをガンジャ(Ganja)、樹脂をハシシ, チャラスと呼ぶ。含有される約60種類のカンナビノイド、特にテトラヒドロカンナビノール (THC) には薬理作用があり、紀元前から用いられてきた。多くの国々では規制薬物だが、その扱いは非犯罪化など一様ではなく、ウルグアイ等の一部の国・地域では嗜好品としても合法、また医療大麻として限定的に容認されている場合もある。 日本では1948年より、大麻の葉と花穂は大麻取締法で規制され、規制対象ではない部位の規制対象ではない成分のカンナビ  2018年10月18日 カナダでは、2018年10月17日から大麻が解禁され、使用が合法化されています(州法の規定に基づいて、18歳以上の者は 的に大麻取締法が規定している行為であっても日本法から見て「みだりに」行われたものではないと考えるべきです。

2014年6月26日 大麻に関してはたばこより害が少ないとして、大麻の所持等を合法化すべきであるという意見も存在しますし、実際、海外では大麻の所持を合法としている国もあります。ただ、日本ではまだ大麻所持のコンセンサスは得られていないようです。

日本では「悪」そのものとして扱われることの多い「大麻」ですが、海外ではかなり前から使用されていました。 この「大麻クラブ」が合法かどうかははっきりと判決が出ていないため、大麻吸引そのものは合法でありながら旅行者として入手が難しい状況です。 大麻取締法について「所持」は違法なのに「使用」はなぜ処罰されないのか 大麻取締法は,大麻草全体を規制対象にはしておりません。大麻取締法第1 何故かと言いますと,大麻草全体に有害な物質が含まれているという訳ではないからです。幻覚作用等の  つまり、使用については明記していないものの、日本人が外国で大麻を所持すること自体 合法化のメリットと共に、マイナスの側面もしっかり理解しておきたいところです。 2019年11月28日 日本では 「大麻(マフィファナ)=悪」 「手を出したら一生薬物中毒になってしまって、抜けだ出せない」 っていう考えがすごい、 正式には、2017年の春からカナダでは合法化になるのですが、もうその辺で普通に売っていますまぁ、この辺りは 

2017年7月20日 大麻って違法薬物と日本では言われていますが、実はアメリカは一部州では合法として取り扱っています。なので、麻薬=大麻と でも、大麻を合法化しても良いことはないと思いますが、実は別にあるんですよ。 大麻がアメリカの一部で合法 

大麻取締法について「所持」は違法なのに「使用」はなぜ処罰されないのか 大麻取締法は,大麻草全体を規制対象にはしておりません。大麻取締法第1 何故かと言いますと,大麻草全体に有害な物質が含まれているという訳ではないからです。幻覚作用等の  つまり、使用については明記していないものの、日本人が外国で大麻を所持すること自体 合法化のメリットと共に、マイナスの側面もしっかり理解しておきたいところです。 2019年11月28日 日本では 「大麻(マフィファナ)=悪」 「手を出したら一生薬物中毒になってしまって、抜けだ出せない」 っていう考えがすごい、 正式には、2017年の春からカナダでは合法化になるのですが、もうその辺で普通に売っていますまぁ、この辺りは  2014年6月26日 大麻に関してはたばこより害が少ないとして、大麻の所持等を合法化すべきであるという意見も存在しますし、実際、海外では大麻の所持を合法としている国もあります。ただ、日本ではまだ大麻所持のコンセンサスは得られていないようです。 大麻(たいま、cannabis)は、アサの花冠、葉を乾燥または樹脂化、液体化させたもの。マリファナとも。花から製造された(栽培種の花序からとった)ものをガンジャ(Ganja)、樹脂をハシシ, チャラスと呼ぶ。含有される約60種類のカンナビノイド、特にテトラヒドロカンナビノール (THC) には薬理作用があり、紀元前から用いられてきた。多くの国々では規制薬物だが、その扱いは非犯罪化など一様ではなく、ウルグアイ等の一部の国・地域では嗜好品としても合法、また医療大麻として限定的に容認されている場合もある。 日本では1948年より、大麻の葉と花穂は大麻取締法で規制され、規制対象ではない部位の規制対象ではない成分のカンナビ  2018年10月18日 カナダでは、2018年10月17日から大麻が解禁され、使用が合法化されています(州法の規定に基づいて、18歳以上の者は 的に大麻取締法が規定している行為であっても日本法から見て「みだりに」行われたものではないと考えるべきです。

日本では「悪」そのものとして扱われることの多い「大麻」ですが、海外ではかなり前から使用されていました。 この「大麻クラブ」が合法かどうかははっきりと判決が出ていないため、大麻吸引そのものは合法でありながら旅行者として入手が難しい状況です。

2018年10月18日 カナダでは、2018年10月17日から大麻が解禁され、使用が合法化されています(州法の規定に基づいて、18歳以上の者は 的に大麻取締法が規定している行為であっても日本法から見て「みだりに」行われたものではないと考えるべきです。 2017年7月20日 大麻って違法薬物と日本では言われていますが、実はアメリカは一部州では合法として取り扱っています。なので、麻薬=大麻と でも、大麻を合法化しても良いことはないと思いますが、実は別にあるんですよ。 大麻がアメリカの一部で合法